2011年06月14日

北海道行ってきました!

十数年ぶりに北海道に行ってきた!

メインの目的は日本ファシリテーション協会の全国フォーラムに参加するため。
でもせっかくなので観光も可能な限り欲りたい私は、2日間も前のりして観光を満喫。

まずは飛行機の中から・・・
「山形過ぎました」という機長のアナウンスの後に見えたので、岩木山かな〜

1_air.jpg

そして千歳から支笏湖周辺へ。

樽前山に登ってみたけれど・・・

2_tarumaezan.jpg

残念ながらガスガスで何も見えない・・・・・
でも空気の違いは感じられましたねぇ。
曇っていたせいもあって、なんとなく不気味なひんやり感。

で、早々にあきらめて山を降り支笏湖湖岸へ。

3_shikotsuko.jpg

これで天気がよければ対岸の湖畔との絶景が見えたはずなのに。。。

しかし、ほんとうに支笏湖って海みたいに広い〜〜

支笏湖スカイラインをくるっと回って恵庭岳の方へ向かう途中、水の音に誘われて、名も無き滝で足を止める。

4_taki.jpg

そして、北海道三大秘湖。オコタンペ湖。

5_okoanpe.jpg

恵庭岳の火山噴出物によりできた堰止湖で、晴れていれば湖面がコバルトブルーに輝くはず・・・なんですが、実はここもかなりガスってた。(なので、色はちょいと脚色)

立ち入りが禁止されているので道路から眺めるだけ・・・
なのに一番よい展望の場所が工事中って、全くついてないねぇ。。。

で、丸駒温泉で一休み。

とーーーっても気持ちのいい温泉!
でも支笏湖と同じ水位の天然温泉はちょっとぬるめだったかなぁ。
あと、支笏湖でボートに乗って釣りしてる釣り人さんから絶対丸見えだって。。。(笑)

その後、ラルマナイ滝群へ・・・

6_rarumanai.JPG

7_rarumanai.JPG

8_rarumanai.JPG

滝を見るのって好きなんですよねー。
マイナスイオンをたっぷり浴びれるから。

そのマイナスイオンの後は、一路札幌へ。
そしたら偶然、大きな牧場に遭遇しました!

とにかく羊が一杯。デカイデカイ!
このカメラのフレームからあふれてる。

9_farm.JPG

のどかな光景にしばし癒され・・・一時、時間を忘れた。


とにかく、北海道は広いぞぉ。。。。。


    ===*===*===*===


翌日は、積丹半島へ・・・

海岸沿いは、断崖絶壁の荒々しい景観。
帰って調べてみたところ、中心に積丹岳や余別岳があるせいで、沿岸は複雑な海岸線が続くそう。
どうりで。断崖の表面を改めてまじまじ見たなぁ〜

10_zeppeki.jpg

奇妙な形の岩を発見して、途中停車。
余市の「ローソク岩」らしい。

11_rousoku.jpg

高さは約46m。以前はもっと太く、丸い岩だったものが、積丹半島沖地震の津波で半分に割れちゃった。津波以前は「カムイ・イカシ」(男神)として崇めていたらしいけど、今のこの岩はワタシにはなんだかマリア様のようなそんな感じも見えた。

とにかく、人の手の及ばない自然の力の偉大さを感じる積丹半島。

そして、積丹半島は魚介類が豊富。
なので、なんか美味しいものはないかとキョロキョロ探していたら、美国の漁港で漁師さん発見。
丁度お仕事を終えたところで、今まさにウニをあげてきたとか!

なので、どこかでその今朝のウニが食べれないか?と尋ねたところ、わざわざ知り合いのお店に電話してくれる(北海道の人はほんと皆さん親切!)
結果、午後なら今朝上がったウニが食べれるらしいが、残念ながら集合時間に間に合わないので、断念。

その後も、直売場があるたびに聞きまくり、ようやく余市まで戻ってきたところで、前日採れた新鮮なウニにありつける。

12_uni.JPG

このウニの美味しいことったら無かった!


ウニを堪能後、小樽へ。
小樽に入ってからも、もう食べ歩き三昧。(笑)
(食については、リアルタイムで呟きまくったのでココでは省略。)


で、小樽といえばやはり運河です。

13_unga.jpg

天気がイマイチだったので、運河に写りこんだ倉庫を撮ろうと、狙いすぎた感あり。。。かな。

ひとしきり小樽散策した後は、一路倶知安へ〜〜
なんですが、向かう道の向こうに見える山は雲の中。。。

案の定到着するとガスで一杯でした。。。

14_kucchan.jpg

でもね。よくよく見ると、芝桜はちゃんと可愛く咲いていましたよん。

15_sibazakura.jpg

そしてそして。
最後のポイントは京極の湧き水。

16_kyougoku.JPG

ココのお水。ほんとに美味しい!

ホテルで飲むコーヒー用にと思い容器を購入してまで水を汲んで帰ったものの、結局その後も呑み三昧だったため、あまりコーヒーをゆっくり飲む時間はなく。。。あ〜勿体ない。

でも、マイナスイオンをたっぷり堪能してホテルへ帰還。


    ===*===*===*===


しかし、つらつら記録だけの記事。
眠くて眠くて写真を整理するだけで手一杯で文章書く気力がありませぬ。


ともかく、かなりはっしょっておりますが、こんな感じの北海道旅行。

もち、ファシリテーションフォーラムもしっかり堪能。
あらためて・・・という言葉がピッタリのワークショップを受けましてとても勉強になった。

再来年楽しみだなぁ〜

・・って、やるんだろうか?・・・なんか東京って言ってたような・・・・

それって、どういうことか??


ま、とりあえず考えるのはまた明日(?)にしよう。


〜〜〜最後に札幌大通公園のライラック〜〜〜!

17_Lilac.jpg

花がついているライラックを見るのは初めて。

だわわなライラックは一番の見ごろの季節。


今度こそは初夏に行きたい!


posted by Kuni at 01:36| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

熱海小旅行

ということで・・・
先週末、熱海小旅行へ行ってまいりました。

冬の花火って綺麗だよね〜という話から、企画されたこの小旅行。
女ばかりでまったりのんびり電車の旅。

101205_trip1.JPG

行きはスーパービュー踊り子で、見晴らしのいい車内から富士山を拝み・・・

101205_trip2.JPG

日本一早咲きの梅と日本一遅い紅葉の名所でもある熱海梅園で紅葉狩り・・・

101205_trip3.jpg

そして、熱海鎮座の来宮神社で大楠を一周。

101205_trip5.jpg

樹齢二千年を超えても成長しているこの大楠の生命力にあやかって・・・

101205_trip6.jpg

夜はスーパーで買出しして、地元のお店でお造りを作って頂き、
ビールとワインで乾杯!

101205_trip7.JPG

この伊勢海老の美味しかったことったら!!!


最後は、今回のメインイベント冬の花火鑑賞〜〜
ベランダからの撮影になるので、じっくり撮れると思ったのですが、
・・・はかなく消えてしまう花火を捕らえようと必死に。
やはり花火撮影は難しいです。
大体、携帯で撮った花火が一番花火っぽい・・ってねぇ。。(苦笑)

101205_trip8.JPG

友人たちは「ゆっくり観ればいいのに〜」って言ってましたが。。。
まぁね、確かにそうなんだけど、何度撮ってもうまく撮れないのが花火なので、悔しいんだなぁ。。
いつか満足のいく花火が撮れるようになりますように・・・・



夏から休息日が無かったので、いいリフレッシュになりました。
なんと言っても、温泉&マッサージチェアが気持ちよかったのなんのって。。。
温泉もマッサージも何度も何度もリプレイ。
我が家にも欲しいな〜〜〜
ラベル:熱海
posted by Kuni at 01:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

冬の花火

熱海で冬の花火を見てきました!

ひんやりとした空気の中に広がる花火。。。
とっても綺麗〜♪

101205_257.jpg

しかし、花火の写真は難しい。
でも去年よりは面白い写真が撮れたような気が・・・ほんの数枚ですけど。

101205_468.JPG

まぁ、偶然のなせるわざとも言う。。
ラベル:熱海の花火
posted by Kuni at 22:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

竹下通り

ヒメ様たってのお願いで竹下通りへ行ってきました。

新しい洋服が欲しいということで、、、
どうせ買うなら、お友達がよく行く「原宿竹下通り」なるところに行って見たかったらしいです。

しかし、行ってみたはいいのですが、、、

いったいどの店に入ったらいいやら。。
適当に入ってみるも、ヒメ様の気に入ったものはなく。。。。

挙句、ヒメ様の言葉。
「(竹下通りがどういうところか)分かった。もう来なくていいや。」


アハハ。。。
まぁ、これも行ってみて初めて実感することですからね。



ワタシも何年ぶりでしょうかねぇ。。余りに久しぶりで覚えてませんが。

相変わらずのこの混み具合!

100808_takeshitaST.JPG

外国人の方々は、人ごみばかりをカメラに収めたりしてましたよ。

ラベル:竹下通り
posted by Kuni at 19:24| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

長岡の花火

長岡の花火が始まりました!!!

色々な花火大会がありますが、この花火大会は格別に素晴らしい。
四年前の感動は今でも覚えています。
色んな方の支援で開催される花火大会。
復興の祈りを込めた最後のフェニックスは涙がこぼれます。

現地で観れないのは残念だけど、今年はUSTREAMで鑑賞中なり〜〜。

Stream videos at Ustream


ひらめき鑑賞後の追記。

威風堂々、天地人、そしてジュピター・・・
これらの曲に合わせて打ちあがる花火は本当に芸術的。
イヤハヤ東京に居ながらにして長岡の花火が観れるなんていい時代になったものです。

長岡の花火といえば「正三尺玉」。
広い保安距離が確保できる場所でしか打ち上げられないので、隅田川の花火大会ですら観ることは出来ない大きさです。
この迫力は現地で是非体で体感してもらいたい。

4年前から毎年思ってるけど、来年こそはもう一度現地で観たいなぁ〜
ラベル:長岡の花火
posted by Kuni at 19:37| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

GW渋滞ドライブ

大阪の友人が帰る日。
せっかく大阪から来ているのだし、ちらっと東京めぐりして湘南ドライブ車(セダン)を計画しました。

まずはつい先日劇場として大千秋楽を迎えた歌舞伎座。
100502_P5028265.jpg
まだ銀座のデパートも開店前の時間でしたが、カメラカメラ構えてる人、結構居ましたねー。

そして、建築中のスカイツリー。
100502_P5028272.jpg
既に東京タワーの高さを超えていると聞いていますが、この位置からだとその実感はあまり無く。。。
でもこれでまだ半分なわけですものね。完成したらこの下町のイメージも随分と変わるだろうなぁ。

と、、、この後当初の計画では葉山経由→某氏の新居訪問だったのですが。。。
ものすごい渋滞にハマってしまい、とても着きそうにありません。
よって葉山は断念。途中から目的を新居訪問一本に変更。。。
でもその前に、トイレ休憩した〜い!お腹すいた〜〜ということで羽田で休憩しようと思ったのですが。。
なんとがく〜(落胆した顔)exclamation×2ここも駐車場満車で入れず・・。おそるべしGWexclamation
しかたなくトイレ休憩だけしてとにかく目的地へ。途中でどこか食事どころがあれば入ろうということで車を進めます。

道路沿いのファミレスではちょいとつまらないなぁと運転しているところにふと目に留まった「韮鉄餃子」の看板。
ここよさそうじゃない?駐車場も空いてるし。ということでここに決定。「鉄龍山荏田店

注文したのは、韮鉄餃子、フカヒレあんかけ炒飯、葱チャーシュー麺。
100502_P5028284.jpg 100502_P5028277.jpg 100502_P5028283.jpg

飛び込みで入ったお店ですが美味しかったです。
お兄さん達もみんなすごく感じよくって、おまけにイケメンるんるん

満腹になった後、懐かしの某研究所前を通過して、ようやく某氏新居家到着〜〜わーい(嬉しい顔)
大理石の玄関、吹き抜けのダイニング、シャンデリアと暖炉のあるリビングには60インチのテレビがあり・・・と想像通りの素敵なおうち。

写真は愛犬のニコちゃん。
100502_P5028311.jpg
シッポを振りまくって興奮してました・・超可愛い。

そして可愛らしい奥様がいて、ダイニングテーブルに並んだケーキ、お菓子、そして紅茶。
これぞアフタヌーンティというひと時を過させていただきましたよるんるん
(後から、このテーブルウエアの写真撮らせてもらえばよかった〜と至極後悔)

最後にはお土産プレゼントまでいただきました。。
100502_P5038337.jpg
こちらの方が本店だったのですねぇ。
欧風菓子クドウのお菓子
ここのバンドシェンとフロレンツァーミレー、大好きなんですよね〜るんるん

お邪魔した上にお土産まで頂いちゃって、本当に恐縮でございます。。。。
ご夫婦とっても仲良さそうで、ぴかぴか(新しい)理想の家庭像ぴかぴか(新しい)。。。こんな結婚したかったなぁ〜〜


そして、友人を新幹線に乗せるべく急ぎ新横浜へ。
途中の道もちょい混みモードで、GWの道路事情は甘く見てはいけないのですね。
滑り込みセーフで到着〜(毎回そんな感じ)
無事友人は大阪へ帰っていきました。


よく考えたら、ここ数年GWに外出したことは無かったワタシ。
毎年GWは家でまったりしてたし、GWの中日だし、早めに出ればそんなに酷くはないだろうとたかをくくっていました。
いやはやいい勉強になりました。


それにしてもせっかくのお江戸の旅最終日がみごとな渋滞ドライブになってしまって・・・申し訳なかったな。

今度こそ葉山ホテル行こうね〜〜

ラベル:GW
posted by Kuni at 13:53| 東京 ☀| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

四万温泉の旅

日曜から一泊二日で温泉に行ってきました。
今回は色々と想定外の出来事が多い旅で・・・

想定外一つ目は、水仙を見損なったこと。
行きがけに立ち寄るつもりだった岩井親水公園。途中道に迷って尋ねた地元の人に「まだ全然咲いてないよ」と聞き、がっくし!
。。。3月下旬から咲いているっていう話だったので予定に組み込んでいたのですが、、、ちと早かったか。
仕方ないので、そのまま目的地の四万温泉へ。

途中、四万湖と甌穴に立ち寄り。
100328_01_shimako.JPG 100328_01_ouketsu1.jpg
甌穴は、川底の石の摩擦で出来た穴だそうで。時の流れとは不思議な力があるものですな。

温泉街に着いて少しぶらぶら。
中腹にある「塩の湯飲泉所」は胃腸に効く飲める温泉。
100328_02_shionoyu.JPG

しかし、寒い。。。
ランチの後、ぶらぶらしてたらパラパラと雪が舞い始めました。。。。
なので、とにかく急いで宿へ。

宿泊したのは元禄時代から湯宿として続いているお宿「積善館」
実はこの宿に以前から興味がありまして。
ヒメがジブリの映画が大好きで、この宿が「千と千尋の神隠し」のモデルの一つとなったと聞き、是非行きたいと言っていたのです。

そう、この赤い橋「慶雲橋」の向こうにあるのが積善館本館。
100328_03_sekizenkan1.jpg 100328_03_sekizenkan2.JPG

積善館は、元禄4年に建てられた湯宿建築物の「本館」(県重要文化財)と、昭和初期桃山様式の「山荘」、それから私が泊まった鉄筋コンクリート造の現代建築「佳松亭」の3つの建物が山沿いに連なって建っています。
慣れるまではちょっとした迷路のような館内。日曜の夕方から亭主(社長)さんが館内を案内してくれるツアーがあるのを知り、せっかくなので参加しました。

三百年も経っているのに、いまだに現役のお宿として続いている・・・すごいことです。

本館フロントの風景。
100328_04_front1.JPG 100328_04_front2.JPG

昔の帳場や廊下。
100328_05_chouba.JPG 100328_06_rouka.JPG

昔のおじいちゃんのうちがまさにこんな感じだった気がします。

左が元禄から続いていることの証と、右が当時の外国人が指定された居住区以外の日本を旅する為に必要だった免状。パスポートのようなものでしょうか?
100328_07_evidence.JPG 100328_07_passport.JPG
横浜から武蔵安房〜下野上野信州〜名古屋神戸まで3ヶ月で回るって書いてあります。昔から海外駐在員はお金持ちだったということなんですねぇ。

そして、本館と山荘をつなぐ「浪漫のトンネル」
凹凸のある古い押しボタン式のエレベーターを出ると・・・・・・異次元な空間へ。
100328_08_tonnel.JPG

このトンネルの先の山荘の一室に宮崎駿監督が泊まったとか。
あの映画で迷い込んだトンネルと雰囲気が似ているというもっぱらの評判だそうです。

歴史ある館内見学ツアーの後は、のんびりお風呂と食事。
初日は、「杜の湯」へ・・・ここの露天風呂は最高に気持ちよかった〜〜〜
食事は・・・悪くないんだけど、椎茸だしベースの味ばかりで、ちょっとワンパターンな印象を受けました(惜しい!)

と、順調に旅を楽しみつつ、内心すっごく不安だったのは、到着からずっと降り続いている雪。
当初計画した時は、3月末は絶好の花見の時期、とまで言われていたので、まさかここまで真冬に逆戻りするとは。
これが想定外の二つ目です。
果たして明日無事帰れるのか?・・最悪連泊も視野に入れていた私。
心配になって宿の人に確認したところ、「この雪なら残らないから大丈夫」と言われて、ほっ!
まぁ確かに朝になったら部屋から見える景色も、中庭の竹林の雪化粧もうっすらと・・・

100329_09_yuki.JPG 100329_09_bamboo.JPG

しかし、この時期に赤い橋の雪化粧を写真に収められるとは・・・これも想定外。
100329_10sekizenkan0.jpg

で、ともかくチェックアウトまではお風呂三昧しよう!ということで、朝食の後すぐにメインのお風呂「元禄の湯」へ向かうと、お掃除が今まさに始まらんというところ。。。
積善館に来て「元禄の湯」に入れないなんてなぁ・・・と思っていたら、なんと快く入らせて下さることに。
ホントにこの宿の人たちはみんなすっごく感じのいい人ばかりです。

ということで我が家だけで「元禄の湯」を貸切家族風呂。なので、写真まで撮れちゃいました〜〜
100329_11genrokuhuro.JPG
(掃除しようとしてたので奥の湯船は水が抜かれてます。)

これが想定外の三つ目。。嬉しい想定外です。

この「元禄の湯」は赤い橋から見える右側の建物の一階にあるのですが、入り口を開けるとすぐにお風呂。衝立も何も無い。
普通の時間帯だったら開けたら思いっきり入浴中の人々が目に入るわけで、ちょっとビックリしちゃいますねぇ。
100329_11enter.JPG

お風呂は全部で4つ。元禄の湯、杜の湯、山荘の湯、岩風呂。
岩風呂は混浴なので入りませんでしたが、それ以外は全部堪能することが出来ました。

旅の最後は、奥四万湖へドライブ。雪がまだパラついていたのでタクシーで行きました。

色がとてもきれいだと評判の湖と、四万川ダム。
水が上から流れるのが見れるのは冬だけだそうですよ。
100329_12okushimako.jpg 100329_12dam.jpg

唐風建築の美しい茅ぶき屋根の雪の日向見薬師堂を回って、小泉の滝へ。。

100329_12yakushidou.JPG 100329_12koizumi.JPG
秋は紅葉が美しいそうですがあいにくの雪模様。

雪の降る中、気さくな運転手さんのガイド付きで軽く一回り。。楽しかったです。


四万温泉の四万は「しま」と読みます。
四万の病悩を治す霊泉からきているそうです。
関越道・渋川伊香保ICから中之条町を経て北上したところにある温泉町で、温泉以外なーんにもありません。
でもそこがいい。。観光地ぜんとした感じがなくて、昔の日本を感じる温泉療養地。

しっぽり落ち着く温泉の旅でした。
ラベル:四万温泉
posted by Kuni at 23:02| 東京 ☀| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

網代の花火

今年の夏休みは安近短。
通り過ぎたことは何度もあったけど泊まったことはなかった熱海。
健保の施設が当選しまして、いつもの半額以下の予算の夏休み旅行となりましたわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

で、熱海の花火大会exclamationではなくって・・・ちょっと南へずれたところの網代湾の海上花火大会で、初の一眼レフでの撮影にチャレンジしましたexclamation

090816_ajiro2.JPG

網代湾沿いの国道135号の舗道に陣取り頑張った結果・・・

090816_ajiro1.JPG

こんな程度の写真しか撮れませんでした・・・

中々上手くいかないものですねぇ。当たって砕けてしまった感じもうやだ〜(悲しい顔)まだまだ練習が必要です。


しかしこの網代の花火、、、すごく良かったですよ〜るんるん
熱海の花火大会ほど大規模ではないけれど、真上に上がる花火は圧巻で、ばーばもヒメも大興奮。
すごく花火を近くで感じることができるのです。
そして、花火と花火の間が実に巧妙で、空白の時間がないのです。右から左から、まるで華やかなレビューを観ている様でした。


この網代の花火の前は、網代湾のお隣の長浜海岸でやっていた百八体流灯祭という灯篭流しも見てきました。

灯りが点々と連なって沖に流されていく静かな灯篭流しの後に、長浜海岸3kmに渡ってかがり火が焚かれるのです。

090815_taga.JPG

街の灯りがちょっと邪魔ですが、荘厳なかがり火でしたよ〜。


動の花火と静のかがり火。。。

日本の夏の風物詩。
posted by Kuni at 23:00| 東京 ☀| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

スカイデッキ

頂いたチケットについていた展望チケットでスカイデッキに初めて出ましたexclamation×2

090329_skydeck2.JPG

どひゃー目という感じの展望です。東京タワーよりも高いんですねぇ〜exclamation


この高さでリアルに「外」っていうのがちょっと高所恐怖症気味のワタクシにはどーかなーって思ってましたが、案外大丈夫でした。
何故かテンションもあがってたりして・・・あせあせ(飛び散る汗)

090329_skydeck1.JPG

ヒトって、高いところが好きな動物なのかな。。。exclamation&question
posted by Kuni at 23:05| 東京 ☁| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

キラキラ

写真をのんきに整理している場合ではないのですが。。あせあせ(飛び散る汗)
思考が行き詰ったので、ちょこっと現実逃避中。

一昨日ヒメの塾の個人面談に行った帰りに寄り道して撮影しました、恵比寿ガーデンプレイスでございます。

クリスマスツリーの影から。
081208_ebisu2.JPG
でっかいツリーの全体像を撮ったのは全滅でした。

081208_ebisu4.JPG

三越入り口のリース。
081208_ebisu3.JPG

カメラの設定はあまり考えずに今回も適当に写しまくり。
下手に変えるとシャッター下りなくなるんですもの。。。ふらふら
未だに全然使いこなせていないと思われるデジイチ。
キラキラを優先すると明るすぎるか暗すぎるか両極端で、丁度いい感じにならないものです。。。
やっぱ一度ちゃんと教わらないとダメかもしらん。

081208_ebisu1.JPG

しかし、この街も随分と変わったなぁ〜〜〜ぴかぴか(新しい)
中学の頃は、こんな素敵な街に変貌するとは夢にも思わなかったでございますよ。
posted by Kuni at 01:22| 東京 ☁| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

ランプ

夏休みに行った八ヶ岳で、帰り際に立ち寄った小淵沢の道の駅に、スパティオ小淵沢体験工房という体験コーナーがあります。
そこで我々はステンドグラスの体験をしました。

今日ヒメが机を片付けていたら、袋にしまったままのランプが登場。。。アララしまいっぱなしだったか。
作ったわいいけど、飾る場所がないのよね・・我が家はあせあせ(飛び散る汗)

ヒメ作。
080927_lamp1.JPG
ブルーが大好きなので迷わず青系のガラスで。
明かりを消した状態だと、この青はもっと爽やかな感じなんです。

ワタシ作。
080927_lamp2.JPG
ちょっと渋めのピンクというか紫というか、そんな色を選んだつもりだったのですが、明かりを点けると意外に赤いですね。

明かりがついた状態と消えた状態でも印象は違うし、同じ形でも選んだガラスの色で随分印象が変わるんだなぁ。。

ハンダゴテを使ってハンダを溶かしながらガラスをつなぎ合わせていくんですが、かなり真剣にやりました〜わーい(嬉しい顔)親子してこういうの大好きなんでするんるん
(親子で製作中、ばーばはウトウト居眠りしてたっけ)


せっかくなのでカメラの練習台になって頂きました。
こういう写真は部屋の灯りもポイントなのね・・・中々難しいっス。
posted by Kuni at 23:58| 東京 ☁| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

水上ラフティング!その2

ラフティングのCDCDが到着〜。思ったより早かった。。。

激流の中の画像は勿論のこと、ボートに乗る前の安全説明の段階から最後のお片づけのところまで、動画も入ってる密着ドキュメンタリーCDです。あれだけ動いてるボートをブレもせず撮れてるぴかぴか(新しい)・・・凄いなぁ。。


せっかくなので個人情報保護範囲内でちょっとだけ。(Photo by N⇔Nスタッフ様)

利根川の緑が綺麗ですね〜〜
080915_rafting0.JPG
(ワタシは手前の右側のボートに乗ってます)

一見穏やかな流れに見えますが・・・
080915_rafting1.JPG

こんな激流の上も通るんです。
080915_rafting2.JPG

もっと臨場感のある写真もあるんですが、顔がバッチリ映ってるのでココにアップするのは控えます。。

しかし、小1のG君ったら、、、「ロープつかまって〜」っとガイドに指示されるくらいの激流でもにこやかにカメラ目線してるワ・・・さすがだね。
もう一人の小1生K君も、5m(身長の5倍)の岩からピョ〜〜〜ンexclamation・・・なんの躊躇も無く軽々と飛び込む度胸にこっちがビックリ。

これだけの写真を撮ってくれるなら、自分のカメラを持っていけなくても思い出は記録に残るし、嬉しいサービスですねるんるん


そうそう飛び込みといえば、若手ガイド君の一人は10m以上もある高い岩から飛び込みパフォーマンスを見せてくれましたっけ。(注:飛び込みはガイドの指示に従い安全を確認してからねひらめき

泳いだり飛び込んだり、とにかくボートを盛り上げるリバーガイド。
わざと岸壁にぶつかったり、時には岩の上に乗り上げたり、どこに岩があるかも全部わかってるんですって。。激流の中の舵取りは見事でした。
それに、ただ川を下るだけじゃなくて、利根川や谷川岳のガイドもしながら、「小さいうちからライフジャケットを着せて遊ばせましょう」なんていう水遊びの安全啓蒙までやっちゃって・・・中学の同級生は見事なプロのリバーガイドになっておりました。。


あ、腹筋友の会のワタシ的には、リバーガイドのお腹の素晴らしさにも目を奪われました目
8人乗りのボートをパドルひとつでコントロールするわけだから、あの体は納得ですが。。
このブログ記事の2つめの写真、ガイド君達のお腹をご覧あれexclamation
うらやましい限りぴかぴか(新しい)


最後に、川からの帰り道で出くわしたSL。
080915_SL.JPG
子供達は初めて見た〜目と大喜びデシタ。


これで今年の夏もおしまいデス。
これからは勉学の秋に突入でございますル、、、パンチ

ラベル:ラフティング
posted by Kuni at 23:55| 東京 🌁| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

水上ラフティング!

ヒメの保育園時代のママ友と飲んだ時・・・
「どっか行こ〜か〜」・・・「温泉でも行く〜?」・・・なんて話で盛り上がり、どうせみんなで行くなら温泉だけより楽しいことしたいなぁ〜と考えた結果、ラフティングツアーを急遽企画exclamation
一泊二日で群馬県の水上温泉いい気分(温泉)まで行ってきました〜わーい(嬉しい顔)

日曜の朝、宿直明けのパパ友さんの会社前に集合してその足で関越道を目指し、まず向かったのは「亜詩麻」というカフェレストラン。
ちょうどお昼時だったせいかすごい行列・・・総勢13名の団体だったので、こりゃ無理か?隣のうどん屋で妥協しようか?とも一瞬よぎったのですが、お店の人に待ち時間を聞いてみると20分くらいで案内可能とのこと。なのでそのまま待って無事うわさの「焼きカレー」を堪能。


ランチの後は谷川岳へ。

ロープウェーの土合駅から10分で天神平駅へ。
080914_ropeway.JPG

そこからリフトを乗り継いで谷川岳展望台まで。
080914_tanigawadake.JPG

想定外に天気が良くなって絶景を見ることが出来ました〜
080914_tanigawadake2.JPG

今回は小学一年生もいることだし、往復ロープウェーとリフトを乗り継ぐ楽チン登山を想定していましたが、リフト代を惜しむ気持ちとお天気の良さもあいまって展望台からロープウェーの天神平駅までの復路を歩いて下りようということになり。。。

ところが・・・昨夜の雨でぬかるんだ道なき道には、石はゴロゴロ、ブッシュはあるわ、、、で、歩き難いったらありゃしないふらふら
おまけに、ワタシの足元は「no nameのウエッジソールスニーカー(ちょいヒール高め)」・・・(山舐めてますあせあせ(飛び散る汗)

子供達はズンズン進むのに、どんどん遅れるママ二人。。。
途中「あれ〜?山を下りているはずなのになんで階段上ってるんだろう〜?」なんて言いながらもみんなに追いつこうと必死で歩いていると、すれ違うおばちゃんハイカーに「その格好でこの先行くつもりexclamation&question目」とビックリされ・・・次にすれ違ったカップルに「この先ロープウェー乗り場ですよね?」と聞くと「え?いやこの先は谷川岳ですよ」と。。。

なんとexclamation×2、必死に足元ばかりを見ながら歩いていた私達は分岐点に気づかず、谷川岳の方へ上ろうとしていたのでしたがく〜(落胆した顔)
どうりでおばちゃん達にあきれられるはずだわ・・・なんてたってもう一人のママのいでたちはなんとサンダル&ノースリーブ姿。。(カップルさん、アナタ達に出会わなければ遭難してたかも。ありがとう〜)

ロープウェー乗り場に戻ってくる頃には太ももはパンパン。。。
山を舐めてはいけないと改めて思った瞬間です。


翌日はメインイベントぴかぴか(新しい)利根川でラフティングぴかぴか(新しい)
(ラフティングって何?という方はコチラを参照)

まずは必要書類の記入からスタート。誓約書みたいなのもあるしちょっとドキドキ・・当然ラフティングは初体験。ウェットスーツもマリンブーツも初めて。。(ウェットがこんなに暑いって初めて知りました)
そしてバスで上流へ・・・。
パドルの練習をして、万が一のときの安全説明も聞き、、、でも内心はよっぽどじゃなけりゃ川には落ちないだろうと思っていざ出発exclamation

確かに落ちることはなかったけれど、、、、自主的に落ちて泳ぎました・・・(川は超冷たいダッシュ(走り出すさま)
おまけに、5m、3m、1mとよりどりみどりの高さの岩からジャ〜ンプexclamation×2・・・飛込みなんてそれこそ中学生以来です。
ワタシは3mにチャレンジしましたが、立った視点(3m+身長分)からだと相当高い目いやはやまさかこんなことをするとはね・・こんな経験中々できませんよ。

9月の利根川は春に比べると流れはあまり激しくなく(でもスリルもあり)、ガイドのいう通りにテンション上げてパドルを操作すると超楽しいるんるん
ビックリするほど川は冷たかったけれど、ウェット着てればなんとか泳げるし、激流だけじゃなく、周りの自然の風景も楽しめるラフティングってすごく気持ちよいスポーツですわーい(嬉しい顔)るんるん

実は今回ガイドを申し込んだのは中学の同級生の会社
一体何年ぶりに会うか分からないくらい超久しぶり。。。なんでもこの日本のラフティング界ではパイオニア的存在らしく、利根川の主のようでした。(ただ川の真ん中で年叫ぶのはやめて〜おかげで国家機密がバレチャッタじゃんどんっ(衝撃)パンチ。)

ま、とにかく、子供も親も「ラフティングすごく気に入ったるんるん又来た〜いわーい(嬉しい顔)」って言ってもらえて、企画したワタシ的には嬉しい限りです。

残念ながらカメラは持って川には入れないのでラフティングの写真はありません。2〜3週間くらいで写真が送られてくるらしいので、別途アップするかも。


ラフティングの後はバーベキュー。
子供達はイワナを釣ったりして、久々アウトドアを満喫しました。
080915_iwana.JPG


イワナ釣り場の傍に咲いていた花(名称不明)とトンボ(多分?)
080915_dragonfly.JPG

ペンションの傍のコスモス。
080915_kosumosu.JPG


急遽決まった企画だったので準備不足な点はあったけれど、心配だったお天気もまずまずで、中々楽しい旅となりましたるんるん
今度は春の激流にチャレンジするかな〜〜わーい(嬉しい顔)


posted by Kuni at 23:59| 東京 ☀| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

八ヶ岳の旅。

夏休み明けからちょっとバタバタ・・・やっと落ち着いて写真の整理ができました。

今年の夏の旅行は、いつもの海方面ではなく「涼」を求めて山の方へ・・・ということで「八ヶ岳」に行ってまいりました。

東京の暑さから脱出するつもりだったけど、ちょうど旅行の日から全国的に涼しくなってしまうという皮肉な結果に。。
でも本当に八ヶ岳は涼しくて空気のいい、気持ちの良いところでした。

1日目は、高速を河口湖方面に分岐して、ちょっと寄り道。ヒメがもう一度行きたいという「氷穴・風穴」へ。
氷穴の入り口・・・涼を求めてか、すごい人の列。
080817_Hyoketsu1.JPG

東京がすごく暑いという想定だったので涼しくていいだろうと思ったのですが、涼しい通り越してめちゃくちゃ寒かったです。
昔の人が天然の冷蔵庫として食物を保存していたのが理解できます。
080817_Hyoketsu3.JPG

続いて風穴へ・・・
080817_Fuketsu2.JPG

富士の樹海の中にある溶岩洞窟だけあって、溶岩流が固まってその上に樹木が生茂っていて神秘的な森でした。
080817_Jyukai1.JPG

一通りまわった後は、ヒメのお約束・・・ご当地ソフトを堪能。山梨の巨峰のソフトクリーム。
080817_Ice.JPG

そして、明野のひまわり畑へ。
映画のロケをした頃より本数減っているのでは?・・と思わなくもないけれど、それでも一面のひまわりを見ると圧巻です。
080817_Sunflower4.JPG

ハイジの村でランチ後、園の中を散策していた時急に雲行きが怪しくなり、こりゃ早く車に戻ったほうがいいな、と車に乗り込んだ瞬間、突然の豪雨!本当にあっという間に道は川のようになってしまい、びっくりしました。

暫く運転を見合わせていたら、小降りになり晴れ間も見えてきたので、再びひまわり畑へ行って、雨上がりのひまわりを激写。
080817_Sunflower5.JPG
ちょっと表情が変わりますね。

その後は嘘のようにいいお天気になって、本当に山の天気って移ろいやすいのですねぇ。
080817_Sky3.JPG

2日目は、ガイドブックの赤い橋(東沢大橋)を目指してドライブ。
そしたら黄色い橋に遭遇!八ヶ岳高原大橋という比較的新しい橋だそうです。
下を見下ろすヒメとばーば。とにかく高い。そして長い!
080818_BridgeY.JPG

もちろん赤い橋にも行きました。紅葉の時期は橋の周りの緑も赤く染まるんだろうなぁ。。。
080818_BridgeR.JPG

そして「吐竜の滝」へ。初の滝撮りにチャレンジです。三脚もなしでちょっと無謀でしたね。(^_^;)
080818_Doryu1.JPG

でもシャッタースピードを変えるだけでもずいぶんと表情が変わるということが分かって、収穫でした。
080818_Doryu6.JPG

その後、八ヶ岳高原ラインから鉢巻道路(月夜はちょっと無理でした)をドライブ。。。農業実践大学校に着くと気球が浮いていました!
080818_Balloon.JPG

午後は、リゾナーレのプールで波遊び。ココに絶対行きたい!というヒメのリクエストがあったから八ヶ岳に決まったくらいの目的地だったのですが、、、うーむ、、我が家的にはイマイチかなぁ。

リゾナーレで、アーケードの天井にいたツバメのヒナ達発見。
080818_Swallows.JPG
これは親鳥がすごい勢いで飛んでくる瞬間です。一瞬で餌を与えて再び飛び去ってしまうのでピントが全く合いません。すばやい親鳥の動きにビックリ。
ヒナは嘴をすごい開けて待ってるんだけど餌がもらえるのは一羽だけ。。世渡り上手のヒナは肥えてたけど、遠慮気味のヒナはかなり弱ってたなぁ・・・ちょっとかわいそうでした。

プールのあと、ホテルへの帰り道に夕日に遭遇。
車を急遽止めての、デジカメ初の夕日撮り(夕日シーンモードに付き設定はオートなり(^_^;))
080818_Sunset2.JPG

3日目は、ホテルの人に勧められて尾白川渓谷へ・・・
駒ヶ岳神社の先に吊り橋。。
080819_Tsuribashi.JPG
歩くとゆれるので高所恐怖症のワタシにとってはかなりスリル満点でした。

その先にある最初の滝「千ヶ淵」
080819_Sengafuti1.JPG
エメラルドグリーンが美しいということでしたが、ちょっと色は薄め・・・でも凄く透明度があってきれいなところでした。

泳いでいる家族がいるのを見て水着を持ってくればよかったと後悔するヒメ。
080819__Sengafuti9.JPG
でもねぇ、、入ってたらもっと後悔すると思うよ。冷たすぎるもん。

本当はもっと先の渓谷トレッキングといきたいところでしたが、、、道の駅はくしゅうのおじさんに装備の甘さを指摘され断念。当たり前か(^_^;)

この後、チーズ「あわゆき」を買うつもりで雪印のチーズ研究所に向かったのですが、完売で買えず。。見学も団体対応中で一般は入れず

・・・うーむ残念!

仕方ないので、こぶちざわの道の駅でステンドグラスの体験をしに体験工房へ。じっくりみっちり創作活動を楽しんだ結果、出発が1時間予定より遅延(^_^;)

高速へ乗って・・・最後もやっぱりご当地アイスの信玄ソフト。
080819_Ice.JPG


こんな感じで、モロに渋滞にハマって帰ってまいりました。(^_^;)
ガソリン高騰のご時勢に、例年より距離を走って、エコとはいえない旅行でしたが、ヒメもばーばも満足したみたいで何より何より。

八ヶ岳、また行きたいです。


最後に、八ヶ岳で撮った花達。
ラベンダー
080817_Lavender.JPG

ペチュニア
080817_Petunia.JPG

バーベナ(、、多分。)
080817_Verbena.JPG

エキナケア(、、だと思われる、、)
080818_Echinacea.JPG

月見草(、、かな?)
080818_Tsukimiso.JPG

その他の写真はこちらのスライドショー次項有でどうぞ。
posted by Kuni at 23:00| 東京 ☁| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

相田みつお美術館

080608_aidamitsuo1.JPG

国際フォーラム地下1階相田みつお美術館

元同僚から「ちょっと付き合ってもらいたいところがあるんだけど・・・」と突然のお誘い。

相田みつお美術館の招待券があるとのことexclamation


ずっと一度行きたいと思っていたので「行くexclamation行くexclamation」と即答。

ピアノの先生が相田みつおの娘さんとお友達なので、何度か先生から話を聞いていたヒメも興味津々。なので一緒に行くことになりました。


今やってる展示内容は知らずにやってきたワタシですが・・・
なんと偶然にも自分の持っている本「育てたように子は育つ」の文庫化記念企画展でした!
今日はその企画店の最終日ということで・・・


わぉ〜揺れるハート

本で見た「書」の肉筆が見れました〜わーい(嬉しい顔)


もう、どの言葉もぐっときます。


中でも「待つ」と「本気」が今の私にはぐっときました。
勿論、他にもいい言葉は一杯ありますが。。。。。


相田みつおの書を見た時、きっとどの人も、自分に向かって語られているような気持ちになるのではないかと・・・

でも、長男の相田みつを美術館館長、相田一人さんがこんなことを書いていました。

「相田みつおの詩は一体誰に向かって語られているのか?とよく聞かれますが、父は、自分に向かって語っているのです」と。(こんな内容だったという記憶であり正確な文言ではありません。)

この一文を見つけたとき、なんだか相田みつおが身近に感じたワタシです。


いくつかの作品は「みつおTV」のページの『ことばの応援歌』のところで検索すると画像と朗読で体感することができます。

「みつおTV」



当然ながら展示会場は撮影禁止ですが、このエリアだけはカメラOK。
すごく見やすくて、落ち着いた内装がほどよい感じの美術館です。

080608_aidamitsuo2.JPG

そして、記念撮影用に一つだけ撮影許可されている作品。

080608_mitsuo_michi.JPG

そう、、、どんな道でも、精一杯一生懸命生きて欲しい。


ゆっくりでいい、でも途中で諦めないで欲しい。。




そんな風に感じた日曜日。





ラベル:E-510 相田みつお
posted by Kuni at 23:57| 東京 ☁| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

関西紀行・最終回

関西旅行から1週間。
帰京直後から、風邪ひいちゃいました。。。ふらふら

今回の旅行では、あまりに薄着し過ぎちゃったかなぁ。
大阪の友人に会ったとき、「なんでそんな薄着してんの?!」とあきれられたくらいです。
絶対それじゃ寒いから服買いなさい!ということで、大阪なんばのユニクロに連れて行ってもらってパーカーを購入しました。
このパーカーが無かったら、最終日のUSJは早い段階で間違いなくリタイアしてたことでしょう。。。

USJのことやら初乗りした乗り物のことやら書くつもりでしたが、風邪で体力出なくて日にちが経ってしまいました・・・
でもまぁ、とりあえず、手短に記録だけ。。。

で、USJ当日。
雨です。。。。

080330_usj.JPG

雨にも関わらず超混みexclamation

エクスプレス・パスという並ばないでアトラクションに入れるブックレットがあるという話をヒメの同級生から聞いていたのでそれを購入すべく並んだのですが、既にブックレット7は完売。しかたなくブックレット4を購入。

スタジオパスは普通に必要なので、これを加えるとひとりほぼ1万の経費。。ひょえ〜USJって高くないexclamation&question

エクスプレス・パス持ってても並ぶことには違いはなく。。。
これで持ってなかったらどんだけ待つんだ?というアトラクションもあって、結果としては買って正解だったと思いますが、ディズニーランドのファストパスは無料だし、それを考えるとUSJは高い遊びだなぁ、、と思ってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

並んで並んで、雨の中。
事前の勉強も足りなかったし、雨だし、USJ満喫とまではいきませんでしたが、まぁ一度は行ったゾ手(チョキ)ということで。


帰りは、禁煙車が満席だったので仕方なく新幹線の初グリーン車を体験。
JRのパックにおまけで頂いたドリンク券でビールを購入し、大阪名物まむし丼を食べつつ帰京しました。

080330_ekiben.JPG


追伸:

今回は初めて乗る乗り物が多かったです。
行きは、ヒメが大阪行きが決まってからずっと楽しみにしていたN700系に初乗り。
080328_n700.JPG

噂どおり座席はゆったりるんるん

阪神電車も初めて乗りました。(写真は撮りそびれ)
なつかしの阪急電車は初めてじゃないけど、相変わらずエンジ色してて変わってなかったので安心しました。
080328_hankyu.JPG

関西行って一番戸惑ったのは、駅のエスカレーター。
あちらは止まる人は右で、歩く人は左・・・東京と反対なんですね〜〜〜目
つい左に寄ってしまって、「あ、違った・・あせあせ(飛び散る汗)」と反対側に移動することの繰り返しでした。


同じ日本でも微妙なところでルールが違う関西。
面白いですね〜。

posted by Kuni at 23:55| 東京 ☀| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

神戸食べ歩き。

大阪のたこ焼とうどんを記事にしたので、神戸のグルメもアップしよっとグッド(上向き矢印)

神戸でも美味しいもの頂きました〜わーい(嬉しい顔)

まずは「神戸牛」ぴかぴか(新しい)
これはヒメの要望デス。子供のくせになんて贅沢な要望でしょうダッシュ(走り出すさま)

で、、神戸牛ってどこで食べれるん?
下手に飛び込んで払えませんでは困るしなぁふらふら

ということで、現在神戸在住の大昔の同僚にどこらへんが手ごろなお店か、事前に情報収集手(チョキ)
教えてもらったは、三宮の「ステーキランド」と中山手の「大西」。
結局、駅降りてすぐ目の前にあった「ステーキランド」へ。

お財布の中大丈夫かなぁ〜と内心思ったワタシですが、なんと友人Yが奢ってくれるとひらめき
新幹線やホテルの手配、その他モロモロ事前準備のお礼ですって。。なんて太っ腹目(でもちゃんと領収書はGet。自由業に領収書は命)


目の前で焼かれる神戸牛。この厚さは迫力満点ですね。

080328_kobegyu1.JPG

見事な手さばきで焼かれるステーキ。

080328_kobegyu2.JPG

しかし煙かったふらふら


次なるは「明石焼き」ぴかぴか(新しい)

これはワタシの要望デス。
何年前になるでしょう?・・かなり大昔、元町の「蛸の壺」で初めて食べた時は感動しました。

今回は元町までは行けなかったので、三宮の「たちばな」へ。

明石焼きは玉子焼きとも言いますけど、是非ヒメにもこのぴかぴか(新しい)ふわふわぴかぴか(新しい)感を味わわせたくてひらめき

これもまた見事な手さばきでひっくり返される玉子焼き。

080329_akashiyaki1.JPG

ぷっくら膨らんでいます。

080329_akashiyaki2.JPG

どうだ〜美味しいでしょ〜〜るんるん

大阪のたこ焼は絶対に食べたいと言っていたヒメですが、これも美味しいひらめきと言ってくれました。


神戸も大阪もグルメな旅でしたぞ〜わーい(嬉しい顔)
posted by Kuni at 23:35| 東京 ☀| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再会。

関西紀行その3は、元同僚との再会わーい(嬉しい顔)

ワタシ:「やっと約束が守れたなぁ〜」
元同僚:「ほんまや〜」

彼女が東京を離れる時からずっと口約束状態だった大阪訪問がやっとこ実現したわけです。

再会の場所は大阪の長居公園。ライチ(パピヨン)&すもも(チワワ)と一緒にお花見かわいいデス。

080329_dogs.JPG

数年前、東京でライチに会って以来、ヒメの中での犬といったらパピヨン
チワワのすももにもずっと会いたい会いたいと待ち望んでいたヒメの念願叶ったりぴかぴか(新しい)

実は、わんちゃんがあまり得意でないヒメ&ワタクシあせあせ(飛び散る汗)
特にヒメは大型犬が近寄ってくると遠回りの道をわざわざ行ってしまうくらいです。
でもこの子達なら抱っこできちゃうんですね〜。

リードをひかせてもらうのも初めて。
ウチで飼う事はまずないので貴重な体験だったかも。


お花見の後は、大阪といったら道頓堀でしょ〜ってことで「なんば」まで移動。

080329_dotonbori.JPG

080329_kuidaore.JPG

ヒメに大阪で何がしたい?と聞いた時に真っ先に出た言葉が「グリコの看板、カニ道楽、くいだおれ人形。」でした・・・アハハあせあせ(飛び散る汗)

この有名なグリコの看板が見れる橋は通称ひっかけ橋というそうな。
ナンパの橋ということらしい。(本当の名前は戎橋)

大昔何度か関西には来ているワタシですが、実はミナミは初めて。当然道頓堀も初めてです。
とにかくすっごい人・人・人exclamationそれも外国人の多いこと目びっくりしました。

長居公園を歩いている時は「なんだか大阪にいる気がしないんだけど・・」と言ったワタシですが、さすがにここは大阪そのものでした。


ひっかけ橋の後はアメリカ村の甲賀流へ。

080329_kougaryu.JPG

080329_takoyaki.JPG

やっぱたこ焼きは外で食べるのが美味しいですよねグッド(上向き矢印)

そして引き続きたこ焼の後は夕食exclamation
「つるとんたん」宗右衛門町店に連れて行ってもらいました。

ワタシが注文したのは彼女のお勧めカレーうどん。

080329_udon.JPG

横にあるのは彼女のタバコの箱。
直径30センチはあるおっきなうつわexclamationデカっ目


元同僚、最近少々お疲れ気味らしいのに色々案内してくれました。
ありがとうね〜ぴかぴか(新しい)
普段は滅多に触れることがない動物のぬくもりを感じることも出来たし、大阪もたっぷり味わえたし、短い時間だったけど大阪を満喫することが出来たでぇ〜〜わーい(嬉しい顔)


これは長居公園の桜。満開は今週末くらいかな。
080329_sakura.JPG
posted by Kuni at 22:14| 東京 ☀| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

灘の酒蔵巡り

関西紀行その2は、酒蔵巡りなり〜

神戸では、明石大橋と南京街と酒蔵巡り・・・どこに行こうか迷った結果、友人のたっての希望で酒蔵巡りへexclamation
阪神電車の魚崎駅周辺の酒蔵を3つ程巡ってまいりました。

ここは「菊正宗酒造記念館」

080329_kikumasamune.JPG

阪神淡路大震災で倒壊した旧記念館の瓦礫の下から一つ一つ拾い出した国指定・重要有形民俗文化財の酒造用具や小道具類が展示されてる記念館です。

そんなお道具もさることながら、当然利き酒コーナーは外せません。

一杯目は、火入れの前の「生酒」
友人と二人、思わず「くぅ〜おいし〜グッド(上向き矢印)」なんて口に出してしまうほど超・美味。

二杯目の樽酒は、これまたヒノキのいい香りグッド(上向き矢印)

その後次々と出してくれるので、昼間っから利き酒しまくりexclamation×2

そして・・・
ここでしか買えないという「菊正宗酒造記念館限定」の菊正宗純米吟醸をお買い上げ〜〜ぴかぴか(新しい)

080331_nadanosake.JPG


その他モロモロ・・・結局二人であれやこれやダンボール1箱分とあいなりました。

記念館の入場は無料なんですけどねぇ、、、酒蔵の目論見にモロにハマった観光客。あせあせ(飛び散る汗)


ヒメは酒かすのアイスを頂きました。
「この間のしょうゆのソフトクリームより全然美味しいわーい(嬉しい顔)」とヒメ。
将来が思いやられますね〜〜


初めて酒蔵巡りなんてやってみたけれど中々いいですね。
というか、、、段々とお酒がまわってきてテンションが上がってくるので、楽しいですよ〜〜


ひらめきその他の酒蔵情報

「浜福鶴吟醸工房」ではもろみが発酵している様子が見れました。

櫻正宗記念館“櫻宴”は、レストランとかカフェがあるので休憩にはいいかも(但し我々はベンチで休憩しましたが)。


JRの駅で見つけたスタンプラリー「灘の酒蔵探訪」のチラシにしっかりスタンプ押してきました!
豪華景品が当たるのを楽しみにしていま〜〜す黒ハート


posted by Kuni at 23:53| 東京 ☀| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

南伊豆で花見

一週間前の話ですが、南伊豆の桜祭りかわいいに出かけてきました。

今回はのんびり電車とバスの旅です。
初めて乗った伊豆急行のリゾート21。座席が窓側に向いているのにビックリexclamation

080301_resort21.JPG

窓がとっても大きくて青い海が広がった時は「おぉ、旅してる感じだねわーい(嬉しい顔)
自由席だったけど運よく席は確保。乗り合わせたおっちゃんの一方的なお話に付き合いつつの1時間45分。

終点の下田で降り、まずはバスの案内所へ直行。
今回は車が無いので路線バスが頼りです。周遊券と時刻表をもらって石廊崎行きの東海バスへ。
「竹麻小学校」というバス停に着くと目の前は一面の菜の花畑でしたるんるん

080301_nanobatake.JPG

ゆっくり目の出発だったので着いた時は既に3時。
まずホテルにチェックインして近くの菜の花畑付近をお散歩。

080301_nanohana.JPG

菜の花畑に入ると菜の花の匂いがぷ〜んと匂ってきます。
「あー懐かしいね〜この匂い。」
子供の頃に住んでた家の前の菜の花畑を思い出します。
ここでは地元の農家の方がみかんを売っていて「超安いexclamation」とハハは荷物になるにもかかわらず即買い。

青野川につがいの黒鳥揺れるハートがいました。

080301_kokucho.JPG

泊まったホテル(というか宿?)はオーナーがちょんまげ結ってるちょっと変わったお宿
夕食にオプションで活伊勢海老を頼んだのですがこれがとっても美味。
それとお風呂。お肌のツルツル感が数日間続いたのには驚きです。

二日目は、まずは青野川のみなみの桜並木方面へバスで移動。
川に沿ってず〜っと桜が植えられています。

080302_sakuranamiki.JPG

このみなみの桜はソメイヨシノよりピンクがかなり濃い感じ。
河津の桜祭りをパクッた感は否めませんがあせあせ(飛び散る汗)それほど混んでなくてゆっくり花見ができます。

080302_sakuratonanohana.JPG

080302_sakura.JPG

花見の後は石廊崎まで行くつもりだったのですが花見に思いのほか時間をくってしまったので断念。
なのでヒメのリクエストで、弓ヶ浜へ。
オフシーズンの人も少ない海。浜辺でじ〜〜っと波を見るヒメ(右側の写真の中央の後ろ姿がヒメ)
何を思って見つめているのでしょうか・・・・exclamation&question

080302_yumigahama1.JPG 080302_yumigahama2.JPG

そして下田港の黒船へ。

080302_kurofune.JPG

ヒメが上の展望デッキに乗りたいというので追加料金を払って二階へ。なんと貸切exclamation

船長さんが操舵室に入れてくれたり。船長帽を被って記念写真も撮らせてもらったり。カモメにえびせんをあげたり。。。
えさを狙ってずっと船に沿ってホバリングしてるカモメの大群・・・ちょっと怖いくらいです。

080302_kamome.JPG

こんな風に遊覧船に乗るなんてヒメが中学になったらもうないかもしれないなぁ。。。

帰りはヒメの念願の駅弁を食べながら電車の旅は終わりました。

青空快晴晴れというお天気ではなかったものの雨にも降られず、今年の目標だった桜と菜の花を一緒に見ることがひとまず実現手(チョキ)

080302_sakura&nanohana.JPG

写真のデキはまだまだですが、その他の写真はこちらの次項有スライドショーでどうぞ。

次回の花見はしだれ桜狙いの予定〜
posted by Kuni at 23:55| 東京 ☀| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

浅草寺

ヒメが雷門を見てみたいというので、浅草寺に行ってきました〜るんるん
今、東京とか下町とかについて調べておるのです。

浅草寺は、多分大昔にヒメも行った事はあるはずなんですが、すっかり忘れているみたい。
(小さい頃あちこち連れて回っても空しいということになるのかもねぇたらーっ(汗)

ということで、雷門〜exclamation
071125_kaminarimon.jpg

五重塔。
071125_gojyunotoh.jpg
お天気がよくって青空に映えてますねぇ晴れ

宝蔵門。
071125_houzoumon.jpg
最近リニューアルしたようで妙に新しかったですぴかぴか(新しい)

本堂。
071125_hondoh.jpg
七五三かな?なんかやってました。

六角堂。
071125_rokkakudoh.jpg
六角という珍しい形の木造建築として東京都指定文化財になってるとか。

雷門をはじめ浅草寺の門には提灯が下がってます。
その提灯の底には立派な彫刻がある、って初めて気づきました〜ひらめき
071125_chouchin.jpg
調べてみたら全部渡邉崇雲という方のものとか。


仲見世は何度か来たことありますが、外国人観光客向けのお店ばっかりと思っていたんです。。。
ところがヒメがあっちのお店こっちのお菓子と、まぁ楽しげに回ってるので、つい一緒に観光客しちゃいましたよ〜あせあせ(飛び散る汗)


熱々という言葉に惹かれて・・・あげまんじゅう。
071125_agemanjyu.jpg
浅草九重のあげまんじゅうです。
寒い境内であつあつを食べる、、ってのがいいかも。
ヒメはこしあんのプレーン。ワタシはつぶあんのごまあげまんじゅうにしましたるんるん

人形焼。焼いてますねぇ〜。
071125_ningyouyaki1.jpg

仲見世にはいくつか人形焼ありますが今回は亀屋という店で購入。
071125_ningyouyaki3.jpg
まだ温かいうちに食べた〜いと、人形焼を口に放り込むヒメ。
意外に皮が薄くてびっくりexclamation×2それに餡子も美味しい〜揺れるハート
分厚い皮の人形焼はあまり好きじゃないけど、これは美味しかったです。

最後は、おかきやらかみなりおこしやらを購入して、食べ物三昧でコテコテの浅草寺観光を終えたのでしたるんるん
071125_ningyouyaki2.jpg
posted by Kuni at 10:38| 東京 ☀| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

狛犬のピアス

近所の神社のお祭りにて・・・
070812_omaturi1.jpg

入り口の狛犬・・・・よく見ると、、、ひらめき



ピアスしてます揺れるハート

070812_omaturi3.jpg

セミさんが、ここから一週間の旅に出発したのでしょうかね?


この神社ではお祭りの太鼓に負けないくらいセミが大合唱していました。


猛烈に暑い夏休みの一日。。。
ラベル:W32S 狛犬
posted by Kuni at 12:49| 東京 ☀| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

鴨川日記、最終日の巻

最終日は恒例の鴨川シーワールド

さすがにショーはもう飽きたかな、と観る前は思ってるのですが、シャチとイルカのショーに限って言えば何度見ても結構楽しめちゃう自分がいたりします。(笑)
今年はシャチに赤ちゃんが産まれて、ショーも暫くお休みだったようですが、赤ちゃんと一緒のプログラムに一部変更してショーも再開されてました〜〜。
いつもよりダイナミックな技は少なくなっていたけれど、赤ちゃんシャチがお母さんにつられてジャンプしたりするのはなんとも可愛いらしかったですわーい(嬉しい顔)

シャチのブリーチング(=体を水面から半分以上出し横に倒れる動作のこと)。
060821_1Orca.jpg

トレーナーを乗せて。
060821_2Orca.jpg

ランチは、シャチを観るもうひとつのビューポイント「オーシャンスタジアム」の下のレストラン「オーシャン」にて。
このレストランの窓からはオーシャンスタジアムの水の中の様子が覗けます。
ショーの合間にはシャチが窓に近寄ってきたりします。結構シャチって人懐っこいるんるん

写真では分かりにくいけれど、目が優しいんですよ〜。
060821_3Orca.jpg

でも口をあけるとさすがに迫力・・・・あせあせ(飛び散る汗)
060821_4Orca.jpg

今回のメインイベントは、ディスカバリーガイダンスの「水族館まるごとウォッチング」。
ディスカバリーガイダンスは有料の体験サービスですが、この参加チケットを購入するには整理券が必要なんですね。。
毎回入園と共に購入を試みるものの、「水族館まるごとウォッチング」は人気なのでいつも売り切れ。。
なので今回はいつもより朝早起きしていざ出陣exclamationその甲斐あってなんとかチケット購入できましたexclamation×2
それにしてもワタシだって開園と同時に入って整理券ゲットしたのに、その時点で既に70名以上に配布済みと聞いてちょっとビックリ目

「水族館まるごとウォッチング」はディスカバリーガイダンスの中でも、水族館の裏側見せますガイド付きツアーです。
電源管理、水のろ過システム、捕獲運搬用具、水槽の掃除をする時に使う潜水用具、餌を作る調理場、予備水槽等など説明してくれます。
小学生の社会科見学的には最適なツアーかもexclamation&questionデス。

ツアーの中では、保護している海がめにちょこっと触らせてもらうことも出来ます。
060821_kame.jpg

海がめって、首ひっこめないって初めて知りました〜〜あせあせ(飛び散る汗)

最後は白イルカのぴかぴか(新しい)ベルーガにタッチぴかぴか(新しい)
060821_Beluga.jpg

ベルーガはロシア語で白いという意味だそうな。確かに真っ白。そして頭がプヨプヨでまるでワタシのお腹のようですよ。。

ディスカバリーガイダンスは過去に、シャチとキス・イルカにタッチ・イルカと記念撮影・笑うアシカを体験しましたが、体験という点ではこの水族館まるごとウォッチングが一番かな。
まずはいつもとちょっと違うシーワールドの楽しみ方が出来てヨカッタヨカッタ。。

今回は毎日ホテルのスパのプール&温泉いい気分(温泉)も堪能し、母曰く「料理もいつもより美味しかった」ということで、家族サービスの任務完了〜〜。
ラベル:DiMAGE-X 鴨川
posted by Kuni at 00:47| 東京 ☁| Comment(5) | 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

鴨川日記、中日の巻

060820_sky.jpg

中日は、ホテルから徒歩15分程のところにある前原海岸リゾートへ。。。

実はうちのヒメは今回が初の海水浴。
本人もあまり興味がなかったのこともあるのですが、母親のワタシも日焼けを理由に避けておりましたあせあせ(飛び散る汗)
でもやっぱり小学生のうちに海水浴くらいは経験させとかないとねぇ、、とも思いまして。

ということで日焼け対策万全にしていざ出発。
・・・のはずが、朝雨まじりで曇りだったので気が緩み、浜辺に着いてから、あろうことか日焼け止めクリームもファンデーションも忘れたことに気づきましたexclamation

あっちゃ〜〜〜ふらふら

顔は朝かろうじて作ってきたものの、体には何も塗っていない状態。
さすがにこれはマズイでしょ〜〜だんだんお天気もよくなって晴れきちゃうし。。。
ホテルに帰ろうか・・とも思いましたが15分歩いたらそれだけで焼けそうなので思いとどまり、、海の家を探しまくってなんとかSPF15の日焼け止めクリームをゲット。
これじゃぁ、赤み防止くらいにしかならないかなとは思いつつ、ないよりマシか、、と。。

ヒメは初めて波と戯れ、砂で遊び、海水浴を楽しんでました。
しまいにはボディボードまでレンタルすると言い出しちゃって。。。
ボディボードは昔ハマった時期があったし、ちょっとだけレクチャーしてあげることに・・。
しかし数回やってひっくり返って鼻に海水が入ってしまったのでヒメはリタイア。
かわりに最後はワタシが波に乗って締めくくり〜〜〜。

海水浴も結構楽しい、、かもしれない・・・日焼けさえなければ。

海と青空はやっぱり開放感ありますネ〜〜
ラベル:DiMAGE-X 鴨川
posted by Kuni at 23:18| 東京 ☁| Comment(2) | 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

鴨川日記、初日の巻

土・日・月と、飛び石夏休み最後の行事。
我が家のヒメのたっての希望で今年で7回目exclamation&question鴨川二泊三日の旅。
大人たちはさすがにもう別のところに行きた〜〜〜い!のですが・・・)))
ま、別荘と思えばこれもアリですかね。。。

で、今回は往路でちょっと寄り道。。。「花ほたる」へ・・・
木更津金田でアクアラインを降りてすぐのところにある、JA木更津市が運営するお花畑です。

昔から一面の花畑というのが大好きなんですネ〜黒ハート
某南国に居住していた頃は、生駒高原の花畑を見に行くのが大好きでした。

海ほたるPAのコンビニで雑誌を立ち読み・・ひまわりが一面に咲きまくってることを知り立ち寄ってみたのですが、一週間遅かったあせあせ(飛び散る汗)
既にひまわり畑は終わっていて、次の開花は9月になってしまうとのこと(残念たらーっ(汗)もうやだ〜(悲しい顔)
かわりに黄花コスモスと早咲きコスモスが一面に咲いていましたかわいい

この情景に一番喜んでいたのは母・・・。
花とばーば↓(苦笑)
060819_kibanakosumosu.jpg

JAのおじさんがすごくいい人で種のことから色々と説明してくれました。
10本まで摘んでいいと言われて入場したのですが、おじさんが「これも持って行っていいよ」と根ごとごっそりexclamation×2
そして、ホントはひまわりを見に来たと告げると、9月になったら咲き始めるエリアから一本プレゼント〜〜るんるん

ええ〜!いいの〜〜exclamation&question貰っちゃってわーい(嬉しい顔)
060819_himawari.jpg

ちょっと小さめですが、一輪のひまわりというのも可愛いものですね〜〜。

最後に出口でみつけた梨がやけに美味しそう、、母は先の工程も考えず思わず購入。
2泊3日の初日だというのに、しょっぱなから土つきの生花とくだものが旅のお供となりました・・笑))
ラベル:DiMAGE-X 鴨川
posted by Kuni at 22:55| 東京 ☁| Comment(0) | 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

長岡の花火 動画つき♪

060806_hanabi.jpg

長岡の花火をみてきました。

正三尺玉、間近で初めてみましたexclamationすごいexclamationでかいexclamation×2
ベスビアス超大スターマイン、超大型ワイドスターマイン、次から次へと迫力満点!
最後のフェニックスはまさに圧巻でした。ジュピターの曲ぴかぴか(新しい)にあわせて・・・もう涙ものですあせあせ(飛び散る汗)

その華やかな数分間のショーを創るための準備の大変さ。
そして消えゆく火花のなんともさびしい感じ・・・
花火ってすごい芸術ぴかぴか(新しい)なんだなぁと改めて思いました。

seasaaで専用プレーヤーつきで動画のアップができるようになったので、試しにひとつアップしてみま〜するんるん
クリックするとプレーヤーがアクティブになります。再生ボタンをクリックするとスタートしますのでよかったらご覧ください。

臨場感が少しでも伝わったらいいのですが。

ラベル:DiMAGE-X 長岡
posted by Kuni at 03:21| 東京 🌁| 旅・遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。